ううめるんのあたまのなか

子なし専業主婦の日常や脳内のあれこれを綴りたいと思います

欲しいものが歩いてくると思うのやめへん?

お久しぶりです、ううめるんです。

ちょっと多忙を極めておりました。

他の方の記事を覗くことすらできてません…。

やっと日常が戻りつつあるタイミングで友人から連絡があったので話を聞いていました。

その友人は旦那さんと意見がかみ合わず子育てに不安を覚えているようでした。

そこでいろいろまた脳みそが働きだしたのでちょっと聞いてください。

 

 

私は現実主義の行動派

私は昔から過剰な理想や目標を立てない現実主義者です。

有言実行 初心を忘れない

この二つが私の座右の銘です。

基本的に自分の能力を理解しそれに伴い計画を立てて行動をします。

欲しいものは妥協せず、己の出来うるすべてをかけて掴みにいきますが、自分では不可能だと判断した瞬間に切り替えもできるのであまり過去に後悔を残してきたこともありません。

それはあくまでも”自分の能力で全力を尽くした”という自負があるのでやり切れたと実感して納得することができています。

もちろん計画倒れになることもありますし、万能ではありませんがそれについても”自分には手に入れることのできないものだ”と納得できるわけです。

二つあるうちのひとつ有言実行を大切にしているのは、自分を見失わずに諦めずやりきるためなのかもしれないなと最近思っています。

 

 

 

それ故に理解が難しい

こんな私の嫌いなものは、口だけのやつ、言ってるだけのやつ…。

この世の中にはたくさんいて、こんなこと書くと「それ私だ…」と落ち込ませてしまうかもしれませんが、そんな人がいてることを否定したいわけじゃないです。

恋人欲しいー、綺麗になりたーい、お金欲しいー

大いに結構です。私だって思います。(恋人は大丈夫です)

ただわざわざ私を捕まえて愚痴を漏らすなら行動していただきたい。

「嫌われるのが怖くて行動できない。どうせやっても駄目だからやらない。相手が変わってくれれば快適になるのに。どうして全部うまくいかないんだろう。」

それはあなたが行動しないだけではないですかね?

こう言うとかなり乱暴なことは承知ですがそれに尽きると思うんですよ。

好かれるためには行動するしかない、もちろん行動をするとリスクが伴います。

遠くで見ていれば平和です。何も起きないから。

嫌われるくらいなら何もないを選びますとおっしゃるならそれでいいと思います。

どうせやっても駄目というのは何がダメなんでしょうか…。

本当に根拠があっておっしゃっているんですかね?

失敗が怖いだけじゃないですよね?

相手に変わってもらおうなんて言うのはおこがましいです。

人を変えるには相当の努力が必要ですし、基本的に自分が人を変えることができると思っているならそれは過剰な考えだと思います。

ダメンズにしがみついていた過去のある私は身に染みて思います。

言って行動してくれない時点で期待などしてはいけないのです。

そして前提として、大好きな人がより良い方向に進んでくれるようにと願っているならともかく、自分の利益のために変わってもらうのはとてもひどい思考だと思います。

それ本当に相手に必要なものですか?あなたと相性が合わなかっただけじゃなくて?

このように自分のことを他者に預けて、棚から牡丹餅のごとく振って降りてくるとでも思っているのか?と思わせる発言が大嫌いです。

それでもってこういう事を言う人ほど、ひたすらダラダラ愚痴るんですよ。

勘弁してくれ…。

現実主義の私は言います。

「好かれたいならやるしかないよな!!話進まんし!!」

「根拠ないならやってみたら?経験は宝やで!!」

「半年以上反応ないなら、相手変えるより自分を変える方が早いで!!」

大抵の方は理由をつけて行動できないと説明してくれます。

「いや、じゃあ諦めるしかないんちゃう?」

「やる気ないなら言わんかったらええのに。」

心の中であきれ顔ですね。

仲いい子なら直接言ってしまいます。

だって死ぬまで言うつもりでしょ?

聞いてられへん。

 

 

 

自分で選んだものが手中にある

私はそれなりにややこしい環境で子供時代を過ごしてきました。

大人になってもその余波はあって全てを払拭できてはいません。

でも、本気を出せば恨んでいる”血縁にいてる老人”と縁を切ることはできたかもしれないし、そのうえで自分の理想を追うことだって出来たかもしれません。

でも私は自分の大切なものと天秤をかけてそうしませんでした。

血のつながりに関しては複雑すぎるし軽く言えませんが、完全に切れなくても、影響が出てしまっても、その土台の上で自分がどう選択するかで大きく人生は変わると思っています。

実際血縁関係や家庭の問題で閉ざされる道もあると思いますが、私はそれも私の一部だと認め、自分が努力しても手に入らないものだったと納得することにしています。

それらは私が平均並みの身長で生まれてきて、長身にはなれないことのように変えられない天性のものだったと理解することにしているからです。

私はそれらを踏まえて選択したうえで現在の自分が存在していると思っています。

しかし大人になると家庭環境なんて関係なく自分でしないといけない選択が増えていきます。

つまらないと思う日常だったとしても、恋人からひどい仕打ちを受けていたとしても、人生がうまくいかない時期に差し掛かっていたとしても…

それは自分が選択してきた結果なんだと思うんです。

疲れるとうまく頭が働かなくなることもあると思います。

でも自分を救うのは自分しかいません。

自分が選んだのだから最後行動して選択した責任を果たすのは自分しかいないと思います。

誰に助けを求めてもいいと思いますが、その人に全てを任せてどうにかはなりません。

誰がなんと声をかけてくれようと、誰が救いの手を差し伸べようと、それを聞かないと、その手を取らないと何も起こらないんです。

どうするかは自分です。

それは仕事も恋愛も家族関係もそう、心の自立をさせないといけません。

変化を恐れて立ち止まるのは自分です。それならば変えるのも自分だと思うんです。

なのに、何かのせいにして今の環境に難癖付けるのは行動してからにしてほしい。

すごく頑張っているのに邪魔が入ったならいくらでも悔しいと叫んでいいと思います。

理不尽な邪魔が入ったなら憤るべきです。

ただそれを言えるのは行動した後ですよ。

道を進んでもいないのに行き止まりなんかに遭遇できるはずもありません。

 

 

 

自分の責任は自分で取る

私は子供のころ今はどこにいるか知らぬ実母に「産まなきゃよかった」と言われたことがあります。

そのエピソードで学んだことは、「自分の選択を人のせいにしてはいけない」でした。

彼女は所謂デキコンで私を出産しています。

そしてその当時から夫である私の実父を愛していなかったとも言いました。

からしたら知らないんですよそんなこたぁ。どうでもええねん。

彼女は愛していない彼氏と結婚して子供二人産んで、最後夫からの束縛に耐えられず姿を消しました。

それは全て彼女が選んだことです。

怒られるかもしれませんが、私はその時に私の命を諦めてくれてもよかったんです。

「産んでくれと頼んだ覚えはねぇ」とはこのことです。

本当に理不尽だなぁと思いました。

勝手に産んどいて不幸をうちらのせいにすんのかよ…。

結果彼女の選択により私は妹に出会えて幸福ですが、子供の頃してきた苦労を拭えていないので、産まれてきてよかったとはまだ言えません。

こんな言い方あれですが、苦労してきた元は取れてない。

かといって産まれたことが不幸だと言っているわけではありませんよ。

子供には親のことや家庭環境を自ら変えるなどほぼ不可能だと思っているので、子供の頃してきた過剰な苦労や不幸な経験は”理不尽”の枠に当てはまっていると思っています。

今結婚して幸福なのは私の努力と夫と応援してくれている周りの人や家族のおかげなので、産まれたおかげで幸福なのではありません。

なので逆に今不幸だったとしてもそれは産んだ実母のせいでもありません。

全ては私の選択であり私の管理下にあるものです。

私を攻撃する者がいれば私が戦います。

私に欲しいものがあれば私が掴みます。

私が誰かに救ってもらえたなら恩を返すのもわたしです。

人生の伴侶を選ぶという事は互いの人生を預け合うという事です。

ならば私は私の人生をよりよくするために同じ方向を向いて進める伴侶を選ぶわけです。

自分が選んだ伴侶への責任はしっかり私が負います。

私のことは私が決めます。

誰のせいにもできませんし、しません。

それを忘れて周りに恨み言を吐く人間は好きになれません。

 

こんなにたくさん苦労し思い悩み進まなくてはいけないのだから、生を受けるということはとても理不尽だと思っています。

こんなに苦労するけど産まれたい?って聞かれて選択できたらいいのに…。と何度も思いました。

なので私が子供を産むときはそんな理不尽を結果いいものに変えられるように全力で手助けしたいと思うんです。

それは子を産む親の義務だと思います。

だからこそ配偶者の見極めも必須で、感情のみで決めてはいけないと思うんです。

私は子供を産んで自分の人生がどうねじ曲がろうと子供のせいにはしたくありません。

でもそんな自信がないから子供が欲しいと思えずにいます。

私にそれを乗り越えられる日が来たらきっと産む選択をするんでしょう。

少し話が逸れましたが、私の強い思いは伝わったかと思います。

 

 

 

 ちょっと熱くなりすぎました

友人は真剣に悩んでいますが私がヤキモキしてしまって良くなかったパターンやったんです…。

ただお母さんになってんからそんなん言うてる場合やないやろ…。

みたいなこともありきで本人には言えませんでしたが電話を切った後爆発しましたね。

今はちゃんと解決に向かって頑張っているようなのでもう少し応援したいと思っています。

以前からちょいちょい出会う迷える子羊たちに鬱憤がたまってたんでしょうね。

すっきりしました。

さて、お風呂入ってこよーっと!!