ううめるんのあたまのなか

子なし専業主婦の日常や脳内のあれこれを綴りたいと思います

家計簿の話と雑談と脳内会議

こんにちは、ううめるんです。

いきなり冷え込んで体が悲鳴を上げております。

悲しきかな冷え性…。

今年もモッコモコを全身装備する季節が来てしまいました。

なんだかんだありはしますが、冬が一番元気に過ごせる季節なので楽しんでいこうと思います。

 

 

 

今日は家計簿をつけていました

まだ一日が終わってないんであれなんですが…。

とりあえずひと段落ついたので、休憩がてら同時進行していた洗濯機を待ちつつ更新です。

家計簿は皆さん付けていらっしゃるんでしょうか?

我が家は二人で暮らし始めて一年目はしっかりつけていましたが今はゆるッとなってきています。

なんとなく感覚がつかめてきたのと、固定の出費がはっきりしてきたのが大きいかなと思います。

それにそもそも家計簿は夫がつける約束になっていたんですが(家計を把握してもらう目的がありました)、多忙を極めてしまって難しくなり今は私がつけて報告しています。

我が家の家計簿は夫がPowerPointで製作してくれたものを使用しています。

月頭に前月の記録を打ち込んでプリントアウトしてファイルに収めます。

それを夫に見せて報告完了です。

我が家は小さな家族たちの影響で光熱費の変動が激しいので、そこが一番重要な点かもしれません。

その時点での確認事項や報告等も同時に行って家族会議のきっかけにもしています。

そうでもしないと仕事終わりや休日は”夫に好きなことをしてほしい””夫は好きなことがしたい”が勝ってしまって一向に何も行動しなくなっちゃいますので…。

我が家は二人ともお小遣制です。

これは夫からの配慮も非常に大きいですが、そもそもすごく余裕があるわけでもないので自分たちの個人的な金銭を確保する役割も担っています。

私からの条件は”私の金額が夫の金額を越えないようにしてもらう事”です。

いくらなんでもそれに関しては気が引けてしまいますので…。

夫は気にしなくていいと最初に言ってくれましたが、働いているのに楽しみがないのは辛すぎますし…。

これは気持ちよく労働してもらうための政策でもあるわけなのです。

 

 

 

夫とした雑談

久しぶりに二人でゆっくり雑談をしました。

夫は「新しいソーシャルゲームが楽しみだ」とか「最近こんな曲を聞いてるよー」とかこんな些細な話すらできてないくらい忙しかったねと笑い合っていました。

私は「最近残業すごいし、そんなに頑張っている夫にちゃんとお返しできてるか不安になることがある」という話をしました。

毎日ながーーーーーい残業をこなして頑張って帰ってきて、ご飯食べて寝て朝起きて仕事に行く…。

そんな夫の隣でマイペースな暮らしをしているのを見て腹立たんの?って思っちゃうわけです。

夫は笑いながら「一回もない!!」と答えてくれます。

優しすぎへんか君…。

そんな夫なので私は過去にも何度も何度も「家事について要望があれば言ってほしい」と伝えるのですが、不満に思うことはないそうで未だに注文を受けたことはありません。

「そもそも求めている以上の家事をしてくれていて、文句のつけようもない」

「自分の行動を制限されることに強い抵抗があるから、相手にそうしてしまうと自分の居心地が悪くなる」

とのことで…私としては正直、彼は一人暮らしでも週一の掃除洗濯で納得できるだろうし何日も同じメニューを食べることが平気だし、結婚にメリットあんまりなくないか?と思ってしまうんですよ。

独り身なら趣味にお金をもっとかける事ができるし、自由も多いのに…。

私がいることによって生じるメリットはあってもなくてもいいものになるのでは?

ならこの結婚に何の意義があるのか?と問うてみたわけです。

そしたらはっきりと「楽しいから!!」…ぉおぅ…。

いや、楽しいことが大好きなのは知ってるし、楽しいを追い求めている人生なのは存じておりますが…。

ホンマにそれだけ…?だいじょうぶ?しかし夫は言います。

「ううめるんのお母さんにこれを言って、そんなんで大丈夫か?とちょっと怒られたことあるけどホンマに以上も以下もないからこれしか言われへん。

実際ううめるんがいなかったら仕事こんなに頑張ってないし、今の地位までこようと思うことなかったやろうからなぁ。」

そうか…。まぁ確かに”人のため”が好きな人なので自分のために頑張るのは相当大きな目的がない限りしない人ではあるので理にかなっています…。

私は根拠がないと理解に苦しんでしまうのでちょっと難しいんですが、きっとこれが漠然とした”好き”という感情なのかもしれません。

もちろん話し合いを進んでする、感覚や価値観が似ているなど具体的なメリットについて述べてくれますし、私の人格や容姿についても褒めてくれますが…楽しいが一番大切で大きいそうです。

 結果また掘り下げれば今書いた要素があってこその”楽しい”なんだろうとは思いますが、私は結婚が怖いので感情だけで結婚して夫婦のつながりを作ろうと思えるのってすごいな…と思ってしまいます。

私の思ってきた結婚のメリットデメリットは夫も納得してくれていたはずなんですが、それはそれこれはこれなんですかね…。

正直に申し上げますと感情だけでした結婚だったらめっちゃ怖いんですが…。

それは私に自信がないからなんでしょうね…。

「冷められたら終わってしまうのでは!?」みたいな…。

うわ…。怖くなってきた…。

 

 

 

これぞ脳内会議

一人で喋って一人で落ちていく癖ホンマにやめたい…。

結果こんなもの客観的に見れば惚気ですし、「なーんや、旦那さんからめちゃ愛されてますやん!!ごちそうさまwww」案件…。

そう思ったら次は恥ずかしくなってきた…。

 でも読み直して思い直すと、趣味友達で恋人で親友で家族で夫婦で…そんなオールマイティな奴と気が合って自分の趣味大切にしてくれるとかそら楽しいわ!!

あーなんか前向きな気持ちになってきた!!

今日昼休憩のLINEの時に緊急会議を開いてポケモンの新作ポチったし!!

こんなんして大人になって小さなわくわく共有できる相手と生活できるとか幸福すぎて最高やないか!!!!(情緒不安定)

結果お互いを選んだ理由なんてかなり話し込んできた話題なんですよ。

しかし夫の残業が本当にすごくて少し気分が落ちていたみたいです。

寂しいって強敵ですね…。

こうして私はいつも上がって下がって心を落ち着けてメンタルコントロールをしています。

もっと上手にできればいいんですが…難しいですね。

なんだかダラダラ長くなってしまいました…。

今日は短くしようと思ってたのに…。