ううめるんのあたまのなか

子なし専業主婦の日常や脳内のあれこれを綴りたいと思います

時の流れは曖昧やね

こんにちは、ううめるんです。

今月やらないといけない事も大体終わってやっと一息ついたところです。

なんだかやっと日常が戻ってきた気がします。

この一週間くらいは夫と沢山デート出来てご機嫌です!!

 

 

 

言うてる間に年を越す

あっという間に11月も中盤ですね…。

1年が早い…。

クリスマスと年末年始と春先にある結婚記念日…。

少しずつ計画を練ろうとしています。

話しの流れで「今年の記念日なにしよかー」なんて呑気に言ってましたが良く考えると次から結婚記念日やん!!ってテンション上がってました。

私たち入籍を交際の記念日にしたので…

交際丸4年の記念日に入籍したので次の記念日で5年パートナーとして過ごしていることになります。

時の流れ的には、そんなに経った?まだ3年くらいじゃない?という気持ち

精神的には、もっと長く一緒に連れ添っているような気がする!!という気持ちです。

自分で言うのはなんですが、自他ともに認めているので言わせてください!!

この5年で2人ですごく成長して、2人とも別人のように生まれ変わったので、本当に濃い時間を過ごせたなぁと思い返します。

なんだかこそばゆいです。

以前お付き合いしていた方とは5年と数ヵ月一緒に過ごしていたのですが、夫と付き合うまでは「5年って長いよな…。」と思っていましたし、周りからも、なんなら夫からも言われていました。

交際を後悔することはありませんでしたが、婚活を始めた頃はあまりいい関係のままお別れしたわけでもなかったので「若い時間を持っていかれた!!」なんて八つ当たりまがいなことも過ったことがあります。すまんよ…今は思ってないよ…

まぁ高校生の時からの5年だったので、確かに若者の交際期間だと長いよねって感じですが、夫と出会ってからはこの元カレくんと過ごした5年と比べると感覚が違うような気がします。

 

 

 

まだ5年

元カレくんと過ごした5年は指折り数えるように1年1年を重ねた記憶があります。

若い私は3年を超えたあたりから周りに「すごく長い期間交際してるね!!」といった言葉をかけられるようになり、とても誇らしかったのを覚えています。

二十歳を過ぎればなんとなくこの人と結婚するのかな?と思うようにもなりました。

結局いろいろあって破局するのですが、その時に「5年って長かったな…学生が大人になれるほどの時間があった…。」と感じました。

さて、今5年を目前にして私は「まだ5年かー」という心境です。

死ぬまで連れ添うと決めたからなのでしょうか…。はたまたシンプルに年齢の影響?

何なのかはっきりしませんが大したことじゃない気分です。

あー…。でも将来のことを話すのに遠い先の話までするようになったのは大きいかもしれません。

結婚すると自分たちや親の将来の事、老後の事、何か計画を立てるにしても何年も先の事を話さないといけない機会が増えたように感じます。

そのせいですかね…?

普段そうして将来の事を当たり前のように話していますが、今冷静に思うと大好きな人の未来に当たり前のように自分が組み込まれているのはとても幸福だなと感じます。

この当たり前を死ぬまで当たり前にしたいので日々の努力を怠らぬようにしたいものです…。

なんだか最近夫婦という意識が上がってきた気がします。

新しい名前にも慣れてきました。

”夫、主人、旦那くん”このワードがスッと出るようにもなりました。

先日電話口に妹に言われました。「まだ1年も経ってないの?」それわかるぅぅぅ。

そうか、言うてるうちにやっと1年…。

あのややこしく緊張した書類の手続きも何もかも昨日の事のようなのに…。情緒がない

でもあんなにも待ちに待った入籍が遠い昔のように感じる…。

こんなにも長く一緒にいてる気分なのに夫婦になったの1年も経ってないの!?

いや、矛盾だらけの無茶苦茶ですが本当にこんな気分なんです。

変な感じですね。

でもこの感覚面白いし今しかないやろからここに書いとこう!!

これからも、夫の妻でいられることの当たり前を大切にして生き抜きたいと思います。